はだかの学校

menu

はだかの学校 日の出湯

銭湯に入って裸になると、年齢の差や職業の違いは関係ない。
そこにあるのは「近所に住んでいて、銭湯が好き」というつながりだけ。
だからこそ、ふだん話すことのなかった人から、
かしこまった場では聞けないような話を聞くことができる。
そんな「裸の付き合い」が、銭湯の減少と共になくなりかけています。

だから今、銭湯から、へぇ、知らなかった!と思う話や、生活に役立つ話、
人生って面白いと思える話などの授業を通して、人と人をつなげたい。
スマホもノートもいらない。リラックスして耳をかたむけるだけ。
気軽に楽しく学んで、地域がつながっていく。

そんな「はだかの学校」が、ここ日の出湯からはじまります。

理事長のご挨拶

理事長 伊勢谷友介

「温故知新」という言葉が好きです。
昔の事を知り、そこから新しい知識・見解を導くこと。という意味で、“温”という言葉は「尋ねて求める」という好奇心を示しているそうです。

銭湯は温もりを得られる場であり、熱いお湯に入ることでリラックスできます。さらに、そこでの何気ない会話から様々なことを学ぶ機会があるはずです。身体を洗うだけではなく、人生をちょっと豊かにするような知識を得られる「はだかの学校」を、まずは上野浅草の日の出湯から始めることになりました。

古い伝統を知り、新しい価値を創造する温故知新の場として、銭湯は最適です。「はだかの学校」に是非、入浴してみてください。はだかの学校 理事長
伊勢谷友介

校歌

再生

校歌ムービー

はだかの学校 校歌

はだかの学校は お湯の中
ちょっとのぞいてみてごらん
ちょっとのぞいてみてごらん
みんなで べんきょう しているよ

はだかの学校は はだかだし
だれが 生徒か 先生か
だれが 生徒か 先生か
みんなで 元気に 学んでる

はだかの学校は 学び合う
おゆに つかって ふーむふむ
おゆに つかって ふーむふむ
みんなが そろって ふーむふむ

校則

  • 一つ、心も体もはだかになって、授業を聞くこと
  • 一つ、年齢も肩書きも、校内では忘れること
  • 一つ、学校では知らない人と積極的に話すこと
  • 一つ、ご近所じゃない人とこそ、仲良くすること
  • 一つ、授業が面白くても、10分に1度は必ず湯船から上がること
  • 一つ、人に教わりたいことがあれば、学校に申し出ること
  • 一つ、人に伝えたいことがあれば、先生になること

はだかの学校について

はだかの学校について
  • 場所

    日の出湯
    〒111-0041 東京都台東区元浅草2丁目10−5

  • 概要

    地域の人を中心に先生を招き、生徒(参加者)は入浴しながら授業を聞きます。
    授業は月に1回程度、長さは15分ほどです。
    生徒は各回15人程度を募集予定。

  • 参加方法

    ①日の出湯にて、直接申し込み
    ②Facebookから申し込み
    ※ 参加希望者が多数の場合、抽選を行い、参加生徒を決定します。

  • 学費

    無料 ※ただし、1回の授業に入浴料460円がかかります。

  • 運営委員会

    (株)アサツー ディ・ケイ、(株)Rebirth Project

  • 協力企業

    (株)サン・アド、(株)マテリアル、Spoo! inc. with Pears Design、YUGE inc.


  • ※日の出湯は混浴ではありません。授業は男女別で行います。

授業スケジュール

ニュース

「はだかの学校」Facebook公開中。
新しい情報を随時アップしていきますので、ぜひフォローをお願いします!

トップにもどる